看護師として働くならナースではたらこというサイトをチェック

優先順位や不満の解決

ウーマン

優先順位をつける

医療系の専門職には色々な職種がありますが、街の調剤薬局などで働いている薬剤師はより身近な医療職です。薬剤師は売り手市場であることから、転職しやすい職業として知られています。そのため年収や待遇だけでなんとなく転職先を決めてしまう薬剤師も少なくありません。しかし偏った転職活動をしてしまうと、次の職場でも不満が出てしまい、次々と職場を変えてしまうことになり兼ねません。なんとなく良さそうな案件だからといって転職先を安易に決めてしまうと、後々後悔する可能性があるので、自分が求めることの優先順位をつけましょう。スキルアップを目指したいのであれば、新しい職場で自ら勉強して頑張れるのかを想像しましょう。また残業を少なくしたいのであれば、限られた時間で要領よく仕事ができる環境なのかをイメージしてみましょう。

不満を解消できないか

薬剤師は就職や転職がしやすい職業です。他の職種から見ればうらやましく思われがちですが、安易な転職をしてしまい後悔することがあります。後悔するパターンとしては、なんとなく新しい職場を決めてしまったなど、明確なポリシーがないことが多いです。今の職場で不満があれば、どうすれば改善できるかをまず考えてみましょう。突き詰めていけば妥協できる点や改善点が見つかるかもしれません。しかしそれでも改善できないと判断したならば、転職先を探してみましょう。転職を決めたのであれば、まずはエージェントに登録してみることをおススメします。担当コーディネータと相談することで、転職の動機や譲れない条件などが固まっていくでしょう。そうすれば自分の満足できる結果を得られるでしょう。